オーナー様の声

Chair秋津店
加藤 健太郎 オーナー
加藤 健太郎 オーナー 二年間、独立を迷っていた…

30歳で自分の 美容室 を持ちたいという固い意志

長野から東京へ出てきて9年
何度も 美容師 を辞めようと思いました。
だけど、続けてこれたのは「自分の 美容室 を持つ」「 独立 する」という固い決意があったからです。

いつまでも雇われ店長ではいられない

img_ownersvoicedetail01_s01.jpg25歳で結婚し、妻もまた 美容師 でした。
自分の 美容室 を持つという夢に向かう私の決意を、妻は応援してくれました。
結婚し、子供ができ家族を待ち、このまま雇われ店長のままではいけないと
さらに強く 美容師 独立 の決意が固くなりました。

1階の路面店で 独立 など夢のまた夢

img_ownersvoicedetail01_s01.jpgいざ物件を探してみると、希望に合った物件がなかなか見つかりませんでした。
集客を考えると、駅に近い場所が良いと思いそんな物件を探していましたが
予算に合わせていくと、駅からは離れていくばかり、
駅に近いかと思えば路地に入ったとこにあるビルの2階、3階。
目標にしていた1階の路面店など夢のまた夢。
さらにこれから内装費もかかると思うと、駅前の路面店に手を出せずにいました。
不安は膨らむばかりで 独立 への夢が遠のいていくようでした。

2年間悩み続け、そして決断

img_ownersvoicedetail01_s01.jpg小さくても、駅から遠くてもいいから一人で 出店 するか、
駅前の、やや大きめのハコにこだわるか。
2年間迷い悩みました。
29歳になり、迷ったあげく、頼ったのが スタイルデザイナー でした。
私が希望を言うまでもなくスタイルデザイナーが探してきた物件は駅前。路面店。
自分ではわからないよう家賃交渉、内装、材料もすべて整えてくれました。
家賃は個人で探したときよりも4割も下がりました。
初期投資のサポートさえもしてくれて、今までの不安や迷いがどんどん小さくなっていきました。
一人で諦めかけた 独立 の夢に、さまざまな人のサポートで形になっていきました。

自分の 美容室 のオープンを迎えて。そして新たな決意。

img_ownersvoicedetail01_s01.jpgオープンしてから不安とは裏腹にお客様が次々とやってきました。
念願の自分の 美容室 、オープンと同時にフル稼働しました。
ただ、これが当たり前だとは思っていません。
日々、地域に愛される 美容室 、働いているスタッフに愛される 美容室 を
目指して一生懸命やっています。
あのとき決意した30歳で自分の 美容室 を持つという夢を叶えることができました。
あれから数年経った今、育ってきたスタイリストにも、
いつかお店をもってもらいたいと思っています。
40歳までに、3店舗の 美容室 経営者になるのが今の決意です。

オーナー様の声

Chair秋津店
加藤 健太郎 オーナー
加藤 健太郎 オーナー 二年間、独立を迷っていた…

30歳で自分の 美容室 を持ちたいという固い意志

長野から東京へ出てきて9年
何度も 美容師 を辞めようと思いました。
だけど、続けてこれたのは「自分の 美容室 を持つ」「 独立 する」という固い決意があったからです。

いつまでも雇われ店長ではいられない

25歳で結婚し、妻もまた 美容師 でした。
自分の 美容室 を持つという夢に向かう私の決意を、妻は応援してくれました。
結婚し、子供ができ家族を待ち、このまま雇われ店長のままではいけないと
さらに強く 美容師 独立 の決意が固くなりました。

1階の路面店で 独立 など夢のまた夢

いざ物件を探してみると、希望に合った物件がなかなか見つかりませんでした。
集客を考えると、駅に近い場所が良いと思いそんな物件を探していましたが
予算に合わせていくと、駅からは離れていくばかり、
駅に近いかと思えば路地に入ったとこにあるビルの2階、3階。
目標にしていた1階の路面店など夢のまた夢。
さらにこれから内装費もかかると思うと、駅前の路面店に手を出せずにいました。
不安は膨らむばかりで 独立 への夢が遠のいていくようでした。

2年間悩み続け、そして決断

小さくても、駅から遠くてもいいから一人で 出店 するか、
駅前の、やや大きめのハコにこだわるか。
2年間迷い悩みました。
29歳になり、迷ったあげく、頼ったのが スタイルデザイナー でした。
私が希望を言うまでもなくスタイルデザイナーが探してきた物件は駅前。路面店。
自分ではわからないよう家賃交渉、内装、材料もすべて整えてくれました。
家賃は個人で探したときよりも4割も下がりました。
初期投資のサポートさえもしてくれて、今までの不安や迷いがどんどん小さくなっていきました。
一人で諦めかけた 独立 の夢に、さまざまな人のサポートで形になっていきました。

自分の 美容室 のオープンを迎えて。そして新たな決意。

オープンしてから不安とは裏腹にお客様が次々とやってきました。
念願の自分の 美容室 、オープンと同時にフル稼働しました。
ただ、これが当たり前だとは思っていません。
日々、地域に愛される 美容室 、働いているスタッフに愛される 美容室 を
目指して一生懸命やっています。
あのとき決意した30歳で自分の 美容室 を持つという夢を叶えることができました。
あれから数年経った今、育ってきたスタイリストにも、
いつかお店をもってもらいたいと思っています。
40歳までに、3店舗の 美容室 経営者になるのが今の決意です。